広島県尾道市(しまなみ)の美術館/ポール・アイズピリ、ピカソ、ルオー、小林和作、梅原龍三郎、中川一政、林武などを所蔵。チェンバロによるコンサートやフレンチレストランでの食事も楽しめます。

 
なかた美術館
トップページ ≫ コンサート ≫ これからのコンサート

なかた美術館プレミアムジャズコンサート

渡辺貞夫 クインテット 2019

2019年2月8日(金)

渡辺貞夫 クインテット 2019
渡辺貞夫 クインテット 2019
開催日
2019年2月8日(金)
時間
(開場)18:30
19:00〜20:30 
出演
アルトサックス:渡辺貞夫
ピアノ : 小野塚晃
ベース : コモブチ キイチロウ
ドラム : 竹村一哲
パーカッション:ンジャセ・ニャン
料金
指定席 9,000円
自由席 8,000円
チケット予約販売開始
2018年12月8日(土) 11:00〜
チケット販売場所
なかた美術館
お問い合わせ・ご予約
0848-20-1218
主催
なかた美術館
   
 
概要

 

 

トップミュージシャンとして世界で活躍する渡辺貞夫のスペシャルライブを開催します。

 

クインテット(5人編成)でお届けする圧巻のプレイをどうぞお楽しみ下さい。

 

 

 


  

 渡辺貞夫 / Sadao Watanabe  Alto Saxophone


1933年宇都宮生まれ。高校卒業後に上京、秋吉敏子のコージー・カルテットをはじめ数々のバンドに参加。バークリー音楽大学への留学等を経て、日本を代表するトップミュージシャンとして、ジャズの枠に留まらない独自のスタイルで世界を舞台に活躍。2005年“愛知万博”では世界中から集まった子供達400人と、国境や文化を越えた歌とリズムの共演という長年の夢を実現させ、それらの活動は海外へ広がる。2016年4月、オバマ前米大統領夫妻がホストとなり、ホワイトハウスで開催された「International Jazz Day 2016」に日本を代表して参加。2018年全国ツアーからのベスト・テイクを収録したライブ盤「Re-Bop The Night」、レーベルを超えた10タイトルのオリジナル・アルバムから本人セレクションの初のバラード・アルバム「LOVE SONGS」を10月に発表。国内のみならず、海外に於いても精力的に演奏活動を行う生涯現役プレイヤーのその姿は、世界中の老若男女に勇気と感動を与えている。

http://www.sadao.com/


小野塚 晃 / Akira Onozuka   Piano

1967年生れ。18歳の時にプロとして活動を始め、数多くのアーティスト達のレコーディングに参加。その力強さと優しさを兼ね備えたプレイは、アーティストからの大きな信頼を得る。1992年には「DIMENSION」を結成し、これまでに30枚のアルバムをリリース。渡辺貞夫グループの一員として25年目を迎える今日では、グループの要となる存在である。2015年3枚目のソロアルバム「Kanto〜大空」をリリース。最新作は2017年発売の「30」。多方面のミュージシャンと精力的なLIVE活動を行なう傍ら、自己のピアノトリオで自身の音楽を追究している。

http://dimension-tokyo.jp/akiraonline/

 

コモブチキイチロウ / Kiichiro Komobuchi Bass

 1966年生れ。15歳の時にチョッパーベースの演奏に感動し、ベースを始める。ライブハウスを中心にセッション活動を開始。90年代にブラジル音楽に傾倒し、ボサノヴァ黄金期の一人、ロベルト・メネスカルとの出会いを機にボサノヴァ生誕40周年コンサートに出演。ワンダ・サー、カルロス・リラ、ドリ・カイミ等の日本公演をサポート。現在は“サンバの力強いグルーブ”を信条に掲げ、様々なバンドで活動を展開している。

http://comobass.com/

 

竹村一哲/ Ittetsu Takemura Drums

1989年札幌市生まれ。9歳からYAMAHAにてドラムを大山淳氏に師事。2005年、中学卒業と同時にプロ活動開始。2006年、石田幹雄トリオで「横濱 JAZZ PROMENADE 2006」ジャズ・コンペティションに出場、グランプリと市民賞のダブル受賞。同トリオでCD発売。共演するプレイヤーの音楽性も幅広く、その活動範囲も札幌にとどまらず全国に広がっている。2010年に渡辺貞夫のツアーに参加。これからの活躍がますます期待される若手ドラマーである。

http://ittetsu2.web.fc2.com/

 

 

ンジャセ・ニャン / N’diasse Niang  Percussion

1962年セネガル生れ。伝統楽器ジャンベ、サバール、ブガラブーの奏者。セネガル第2国立舞踏団「シノメウ」のソリストを務め、自己のグループ「ドゥグ」のドラマー、シンガーとしても活躍。2001年に拠点を日本に移し、日本人とセネガル人の友好グループ「ニュン」を結成。2003年に渡辺貞夫と出会い、今日まで数多くのステージを支える。2005年”愛知万博”、2008年 ”サラゴサ万博” での<Share the World Concert>にセネガル代表として参加。

http://www.ndiasse-niang-ballo.com/

 

 


 

チケット予約販売開始

2018年12月8日(土) 11:00〜

 

 〜〜ご予約方法(二通り)〜〜

1.なかた美術館へお電話でのご予約 tel.0848-20-1218

2.直接ご来館でのご予約

電話予約の場合も、可能であれば事前にご来館の上、お支払いとチケット受け取りをお済ませいただきますよう、ご協力の程お願い申し上げます。

 

 


 


 

ウェイティングバー【予約制】17:00〜18:30

■併設レストラン ロセアンにて

■ワンプレート(オードヴル盛り合わせ)&ドリンク  お一人様 ¥2,000-

数に限りがございますので、チケットと同様にご予約を承ります。

 

 

 

 

 
広島県尾道市(しまなみ)の美術館 コレクションは、フランス現代具象画家ポール・アイズピリ、ピエール・クリスタン、エコール・ド・パリを中心としたフランス近代絵画、梅原龍三郎、中川一政、林武ら日本近代絵画、尾道を代表する小林和作、絵のまち尾道四季展招待作家作品など、国内外の洋画を中心とした約200点。
音楽鑑賞の場として、所蔵のチェンバロを中心としたバロックコンサートを定期的に開催するほか、ジャズやクラシックなど様々なジャンルの演奏家によるディナー付きコンサートも企画・開催しています。併設するフレンチレストラン「ロセアン」では、ランチ・ティータイムはもちろん、美術館閉館後もゆったりとした空間でライトアップされた庭園を眺めながらの本格的なディナーが楽しめます。

ページ先頭へ戻る

 
サイトマップ  →著作権

〒722-0012 広島県尾道市潮見町6番11号
TEL. 0848-20-1218

「なかた美術館」は、(株)ナカタ・マックコーポレーションにより運営されています
ナカタ・マックコーポレーション
 
copyright
広島県尾道市(しまなみ)の美術館/ポール・アイズピリ、ピエール・クリスタン、ピカソ、ルオー、小林和作、梅原龍三郎、中川一政、林武などを所蔵。チェンバロによるコンサートやフレンチレストランでの食事も出来ます。