広島県尾道市(しまなみ)の美術館/ポール・アイズピリ、ピカソ、ルオー、小林和作、梅原龍三郎、中川一政、林武などを所蔵。チェンバロによるコンサートやフレンチレストランでの食事も楽しめます。

 
なかた美術館
トップページ ≫ 展覧会 ≫ 開催中の展覧会

コレクションプラス

絵画の子どもたち

2020年6月13日(土)〜10月4日(日)

絵画の子どもたち
会期
2020年6月13日(土)〜10月4日(日)
開館時間
9:00〜17:30
(入館は閉館30分前まで)
休館日
月曜日(祝日の場合は翌日)
主催
なかた美術館 
料金
一般:800円
団体(20名以上)・前売り・障害者割引:500円
学生:300円
・尾道市内の学校に通う学生無料
   
 
概要

この度は20世紀の様々な流派の画家たちが「子ども」を描いた絵画を展示いたします。

画家自身の子や家族、身近な子どもたちが描かれた作品は、明るく愛情に満ちたものから、大人とは異なる儚さや不思議さを感じさせるものまで、実に多彩です。

西洋では長らく「子ども」は未熟な“小さな大人”と捉えられていましたが、18世紀以降の市民社会の成熟とともに“愛すべき”存在と考えられるようになり、その姿が絵画にいきいきと描き出されるようになりました。

本展ではそれぞれの作品のエピソードを読み解きながら、描かれた子どもたちの魅力や画家の思いに迫ります。

また当館では、2014年から『木曜日の絵画教室』を開催しています。小さな画家になった子どもたちと美術館の対話の記録、鑑賞と創作の時間を、この機会にあわせてご紹介します。

 

 


 

【ご来館のみなさまへお願い】


・発熱や咳など体調不良がある場合は、来館をご遠慮ください。

 

・館内での咳エチケットや適宜マスクの着用にご協力ください。

 

・アルコール消毒液やハンドソープを設置していますのでご自由にお使いください。

 

・館内では会話を控え、人との距離を保ってご鑑賞ください。

 

・やむを得ず入館制限を行う場合がございますので、ご了承ください。

 

・団体鑑賞の受け入れや館内でのイベントについて、対策を施した上で順次再開しています。

 

・混雑具合やご不明な点については、お気軽にお問い合わせください。

 


 

当館主催のイベントについて、新型コロナウイルス感染症の拡大防止対策(館内の消毒、人数制限、換気等)を十分に行ったうえで、開催いたします。

マスク着用、こまめな手洗いなど、感染症予防にご協力ください。

受付、洗面所に、手指消毒用のアルコールを設置しています。適宜ご利用ください。 



 

学芸員によるギャラリートーク

6/13(土) 、7/11(土) 、8/16(日)、9/19(土)、10/4(日)

それぞれ14:00 〜15:00  ※定員8名

展覧会や作品について解説します

 

 

 

 

 

 

子ども美術電話相談室 

7月23日(木・祝)

8月10日(月・祝) 各9:00〜12:00の間 

美術に関するさまざまな「?」に学芸員がおこたえします

お電話ください tel.0848-20-1218(なかた美術館)

★参加費はかかりません

★高校生以下どなたでも

 

 

■通話の録音や放送などは行いませんので、お気軽にどうぞ。
■電話が混み合って、すぐにおつなぎできない場合がありますのでご了承ください。
■通話にかかる料金は参加者のご負担となります。
■電話番号をよくお確かめいただき、お間違えのないようお気をつけください。


 


 


『週末の絵画教室』

■幼稚園〜低学年コース 8月8日(土)、9日(日)

■中〜高学年コース  8月22日(土)、23日(日)
  各14:00〜15:30 

参加費:1回につき500円

対象:おもに小学生

美術館で毎週取り組んでいる『木曜日の絵画教室』のお試し版です。

楽しい工作や展示作品の模写などを行います。

定員に達したため、残り ★8/22(土)、8/23(日)のみ募集しています。

 


 




親子ワークショップ 『すてきな仮面づくり』

9月13日(日) 14:00〜16:00

定員:10名

ペア参加費:1,500円

カラフルな色や形をたくさん使って、いつもと違う自分に変身できる、素敵な仮面(マスク)をつくります。


 

 

 

 

 


 




 


ワークショップ『あざやかガーランドづくり』

6月21日(日)14:00〜16:00

定員:10名

参加費:1,500円

 

絵画の中の色やかたちを使って部屋を彩る飾りをつくります




親子ワークショップ 『わくわく!わたしのテントづくり』

7月19日(日) 14:00〜16:30

定員:10名 

ファミリー参加費: 2,000円 

部屋のなかで一人になれる小さなテントをつくります

 




 


 

nakata Labs なかたラボ

 

なかた美術館では、子どもから大人の方々まで、美術館で楽しくすごしたり、

美術館への興味・関心をさらに深めてもらえるよう、様々な教育普及プログラムを展開しています。

 

 



※ 上記の関連プログラムの参加費には、本展の観覧料が含まれます。

※ 各プログラムの詳しい内容は、お電話などでお気軽にお問い合せ下さい。




 

 
広島県尾道市(しまなみ)の美術館 コレクションは、フランス現代具象画家ポール・アイズピリ、ピエール・クリスタン、エコール・ド・パリを中心としたフランス近代絵画、梅原龍三郎、中川一政、林武ら日本近代絵画、尾道を代表する小林和作、絵のまち尾道四季展招待作家作品など、国内外の洋画を中心とした約200点。
音楽鑑賞の場として、所蔵のチェンバロを中心としたバロックコンサートを定期的に開催するほか、ジャズやクラシックなど様々なジャンルの演奏家によるディナー付きコンサートも企画・開催しています。併設するフレンチレストラン「ロセアン」では、ランチ・ティータイムはもちろん、美術館閉館後もゆったりとした空間でライトアップされた庭園を眺めながらの本格的なディナーが楽しめます。

ページ先頭へ戻る

 
サイトマップ  →著作権

〒722-0012 広島県尾道市潮見町6番11号
TEL. 0848-20-1218

「なかた美術館」は、(株)ナカタ・マックコーポレーションにより運営されています
ナカタ・マックコーポレーション
 
copyright
広島県尾道市(しまなみ)の美術館/ポール・アイズピリ、ピエール・クリスタン、ピカソ、ルオー、小林和作、梅原龍三郎、中川一政、林武などを所蔵。チェンバロによるコンサートやフレンチレストランでの食事も出来ます。