広島県尾道市(しまなみ)の美術館/ポール・アイズピリ、ピカソ、ルオー、小林和作、梅原龍三郎、中川一政、林武などを所蔵。チェンバロによるコンサートやフレンチレストランでの食事も楽しめます。

 
なかた美術館
トップページ ≫ 展覧会 ≫ 開催中の展覧会

コレクションプラス

絵画のなかの風景

10月10日(土)〜2021年2月21日(日)

絵画のなかの風景
会期
10月10日(土)〜2021年2月21日(日)
開館時間
9:00〜17:30
(入館は閉館30分前まで)
休館日
月曜日(祝日の場合は翌日)
年末年始(12/28〜1/4)
主催
なかた美術館
後援
尾道市、尾道市教育委員会、尾道市文化協会
株式会社ちゅピCOMおのみち
尾道エフエム放送、エフエムふくやま
料金
一般:800円
団体(20名以上)・前売り・障害者割引:500円
学生:300円
・尾道市内の学校に通う学生無料
   
 
概要

 

10/23(金)9:00〜 〈チェンバロ公開メンテナンス〉

 

館内での作業につき、調律音などが響きますのでご了承ください


※予約不要、チケットのみで、どなたでも見学いただけます

チェンバロを分解し、すべての部品を点検・整備しています

普段は見ることのできない細部をごらんいただけます

 

 

 

 






私たちの身の回りに存在する自然や都市の姿は、実際には無秩序で、ばらばらとしたものの組み合わせです。

作家たちは、そこから描くべきものをすくいあげ、日常の何気ない景色や、漠然とした自然の姿を愛でるヒントを示してくれます。

そうして作られたイメージを通して、私達は見えているものの美しさや、そこから感じる懐かしさなどをつなぎ合わせ、ひとつひとつの風景を見出すことができるのではないでしょうか。


また本展では、現代美術作家の村上友重、安田暁による、写真と映像作品をあわせてご紹介します。

フランスにおいて風景画の先駆者となったカミーユ・コローや、20世紀にかけて活躍した作家たちの作品とともに、時代や土地を越えて絵のなかに見えるさまざまな風景表現をお楽しみください。

 

 


 

【ご来館のみなさまへお願い】


・発熱や咳など体調不良がある場合は、来館をご遠慮ください。

 ・館内での咳エチケットや適宜マスクの着用にご協力ください。

 ・アルコール消毒液やハンドソープを設置していますのでご自由にお使いください。

 ・館内では会話を控え、人との距離を保ってご鑑賞ください。

 ・やむを得ず入館制限を行う場合がございますので、ご了承ください。

 ・団体鑑賞の受け入れや館内でのイベントについて、対策を施した上で順次再開しています。

 ・混雑具合やご不明な点については、お気軽にお問い合わせください。

 


 

当館主催のイベントについて、新型コロナウイルス感染症の拡大防止対策(館内の消毒、人数制限、換気等)を十分に行ったうえで、開催いたします。

マスク着用、こまめな手洗いなど、感染症予防にご協力ください。

受付、洗面所に、手指消毒用のアルコールを設置しています。適宜ご利用ください。 



 

学芸員によるギャラリートーク

10/10(土) 、11/14(土) 、12/6(日)、1/23(土)、2/21(日)

 

それぞれ14:00 〜15:00  ※定員8名(先着順)

展覧会や作品について学芸員が解説いたします

展覧会チケットのみでご参加いただけます



スペシャルワークショップ

美術館で撮ろう!コマ撮りアニメ

11月1日 (日) 10:00〜14:00

講師:ハンブンコ、トウヤマタケオ

定員:親子10組(20名)

参加費:1人700円(大人・子ども同一料金)※3歳以下無料

主催 = ツインクル・プラン ■
子どもゆめ基金助成活動


 

お申し込み

メール:twinkleplan.info@gmail.com
電話:090-9556-3139(入江)

facobook https://www.facebook.com/events/334985290939000

 

美術館で作品と一緒に、一コマずつ動いて写真を撮影し、コマ撮りアニメにします

音楽ワークショップ&上映会ライブとともに、親子で楽しんでいただけるワークショップです。

コンサートのページで詳細をご覧いただけます

 

 

 


ワークショップ『ぱたぱたスケッチブック』

10月18日(日) 14:00〜16:00

定員:10名 参加費:1,000円

いつでも持ち歩ける小さなスケッチブックをつくります




ワークショップ 『小さな風景』

11月22日(日) 14:00〜16:00

定員:10名 参加費: 1,500円

身近な石や小枝を風景に見立てて、小さな箱庭をつくります




ミュージアムレクチャー『向島の見える風景』

11月29日(日) 14:00〜15:30

定員:15名 参加費: 1,000円、学生500円

尾道の景色から見える歴史や文学について学芸員が解説します




ワークショップ『あたたかなオーナメント』

12月13日(日) 14:00〜16:00

定員:10名 参加費:1,500円

冬の室内やイベントを楽しく彩るオーナメントをつくります




インスタ#アーティストトーク

10月17日(土)、11月15日(日) 各14:00〜14:30


Instagram(インスタグラム)@NakataMuseum にて作品解説を配信します。

近日中にリンクをアップします

※予約不要、参加費無料


 

 


 

nakata Labs なかたラボ

 

なかた美術館では、子どもから大人の方々まで、美術館で楽しくすごしたり、

美術館への興味・関心をさらに深めてもらえるよう、様々な教育普及プログラムを展開しています。

 

 



※ 上記の関連プログラムの参加費には、本展の観覧料が含まれます。

※ 各プログラムの詳しい内容は、お電話などでお気軽にお問い合せ下さい。




 

 



 






 
広島県尾道市(しまなみ)の美術館 コレクションは、フランス現代具象画家ポール・アイズピリ、ピエール・クリスタン、エコール・ド・パリを中心としたフランス近代絵画、梅原龍三郎、中川一政、林武ら日本近代絵画、尾道を代表する小林和作、絵のまち尾道四季展招待作家作品など、国内外の洋画を中心とした約200点。
音楽鑑賞の場として、所蔵のチェンバロを中心としたバロックコンサートを定期的に開催するほか、ジャズやクラシックなど様々なジャンルの演奏家によるディナー付きコンサートも企画・開催しています。併設するフレンチレストラン「ロセアン」では、ランチ・ティータイムはもちろん、美術館閉館後もゆったりとした空間でライトアップされた庭園を眺めながらの本格的なディナーが楽しめます。

ページ先頭へ戻る

 
サイトマップ  →著作権

〒722-0012 広島県尾道市潮見町6番11号
TEL. 0848-20-1218

「なかた美術館」は、(株)ナカタ・マックコーポレーションにより運営されています
ナカタ・マックコーポレーション
 
copyright
広島県尾道市(しまなみ)の美術館/ポール・アイズピリ、ピエール・クリスタン、ピカソ、ルオー、小林和作、梅原龍三郎、中川一政、林武などを所蔵。チェンバロによるコンサートやフレンチレストランでの食事も出来ます。