広島県尾道市(しまなみ)の美術館/ポール・アイズピリ、ピカソ、ルオー、小林和作、梅原龍三郎、中川一政、林武などを所蔵。チェンバロによるコンサートやフレンチレストランでの食事も楽しめます。

 
なかた美術館
トップページ ≫ スタッフのブログ

職場体験をしています

更新日:2018年8月31日(金) 【日常など】

こんにちは。

今週は市内の中学校から2名の生徒さんが職場体験に来てくれました。

仕事内容は、掃除や受付対応、チラシ・ポスター類の整理、作品のリサーチなど。

 

 

 

 

リサーチの内容をもとにブログを書いてもらったので、以下にご紹介します。

 


 

はじめまして、私は8月28日から8月31日までの四日間、このなかた美術館で職場体験をさせていただいています。

職場体験の四日間で館内の作品を見せていただいたり、受付などの体験をすることができ、とても楽しかったです。

この職場体験で見てまわったさまざまな作品のなかで、私はボー・ジー・ヤンの門番(gate keeper)という作品がとてもきになりました。

 

 

この作品には命を絶たれたペンギンと銃を手にし笑顔を向ける人間の姿が描かれています。

2014年、同性愛が法律で禁じられているシンガポールで雄同士で子育てをしていたペンギンの実話が元にされた絵本が

匿名の抗議がきっかけで図書館から撤去されるという出来事が起こりました。この作品はその出来事が元になっているそうです。

この作品には全体的に暗くくすんだ色が使われているように見えます。また、絵の具がまるで血のように下に向かって垂れていることで不気味さが感じられます。

 

 

作品に描かれている人間の目元は仮面のようなもので覆われており、匿名の抗議との繋がりを感じます。

私はこの作品を見て、絵は見て楽しんでもらうものや絵を通してさまざまなことを知ってほしいというものなど、いくつかの種類にわかれているのではないかと思いました。

この職場体験を通して、美術館でのマナーや仕事内容などたくさんのことを学ぶことができました。四日間ありがとうございました。

 


 

初めまして、8月28日から8月31日まで職場体験をさせてもらっています。

この美術館で展示されている中で一番気に入ったのは小野環の【Territory】という作品です。

                           


 

 

私がこの絵を見て思ったのは、空間に何かの模様を描いているようだということです。

もう一つ気付いたことがあります。それは、使われている色が緑系の色を作るのに必要な色という事です。

他に気に入ったのはカミーユ・コローの【雌牛のいる風景】です。







私がこの作品を見て思ったのは、中世ヨーロッパの村の近くの川で水を汲んでいるようだということです。

絵の中の奥の方にある建造物は村なのでしょうか、何の建造物か気になるところです。

 


 

細かいところまで作品を観察して、気づきを書いてくれました。

緊張したり、大変なこともあったかと思いますが、しっかり取り組んでくれました。

おつかれさまでした & ありがとうございました!

 

 

 

 

 

 

 

親子ワークショップ「夜の美術館を探検しよう」

更新日:2018年8月11日(土) 【nakata Labs  なかたラボ】

 

今年の夏は、驚くほど暑い日が続いていますね。

 

ということで、少し涼しい時間帯にワークショップを開催しました。

親子ワークショップ 「夜の美術館を探検しよう」 です。

 

 

昼間とは違う環境で作品を鑑賞したら、どんなふうに見えるでしょうか。

スポットライトを消して展示室を暗くしました。 

 

 

そして、子どもたちにこんな懐中電灯を持ってもらいました。

 

 

この形は、植物が葉を空に向けて地面にはっているシルエットで「ロゼット」と呼ばれています。

冬を越すときにこの形になることが多いそう、もしかしたら空き地などで目にしているかもしれません。

当館ディレクターであり出品作家の三上清仁の作品から発想を得ています。 

 

 

暗闇でライトをつけると、葉っぱの一枚一枚の形がくっきり映ります。

 

 

さて、暗闇の中にはどんな作品があるのでしょう。

懐中電灯で照らして探しました。

暗闇のため一部分ずつしか見えませんが、

視野を限定されることによって、作品の細部まで鑑賞できました。

 

 

下からライトを当ててみると、絵の具のボコボコがくっきり見えました。 

 

 

次は懐中電灯をバージョンアップ。

中に透明の折り紙やセロハンを入れてみます。

 

 

すると、色鮮やかなロゼッタが映し出されました。

キラキラとステンドグラスの様で、とても幻想的でした。

 

 

 

そして、閉館後ならではのことをもう一つ。

目だけでなく、体全体を使って作品を鑑賞したいと思い、

「もうひとり」の作品にも使われている大きなブルーシートを展示室一杯に張り巡らせました。

 

 

そしてガバッともぐりこみ、懐中電灯を照らしたり、床を這って石を探したりしました。

シートを仰いでバッサバッサと音もたてました。

 

 

ワークショップの間、子どもたちはお父さんお母さんと作品についてたくさん話をして、

私たちに見つけたことを色々教えてくれました。

大きな声を出したり、寝ころんだり、楽しい夜でした。

 

 

また昼間にもう一度鑑賞すると、新たな発見があるかもしれません。 

参加者の皆さん、ありがととうございました。

 

 

 

 

 

『光と音の音楽会 ランテルナムジカ LIVE at なかた美術館』

更新日:2018年8月1日(水) 【コンサート】

 

こんにちは。

少し気持ちが落ち着いてきた先日『光と音の音楽会 ランテルナムジカ LIVE at なかた美術館』を開催しました。

 

 
「ランテルナムジカ」は音楽家トウヤマタケオさんと、画家nakabanさんの二人組。

ピアノと歌、そしてライトボックスを使って投影する幻燈で、いっしょに音楽を奏でるユニットです。

 

昼間だけど夜のように真っ暗にして、いつものミュージアムコンサートとはちょっと違う、これまでにないセッティングです。

 

 


nakabanさんのブースは、いろんな素材や道具が散りばめられた、即興のアトリエです。

ここで描かれ、くるくると変化する線や色が、ライトボックスを通して投影されます。

 

 

 

そしてトウヤマさんの歌と、ピアノやギターが、やさしく、懐かしく、ゆったりと響きます。

あたたかい音と声の安心感に包まれて、遠い場所まで一緒に旅をしているようでした。

 

 


大人も子どもも夢中になって、あっという間の素敵な時間。

この場所、この時でしか体験できない、かけがえない音楽会でした。

 

お集まりいただいた皆様、ランテルナムジカのお二人、本当にどうもありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 
 1  2  3  4  5  ≫次の記事へ
広島県尾道市(しまなみ)の美術館 コレクションは、フランス現代具象画家ポール・アイズピリ、ピエール・クリスタン、エコール・ド・パリを中心としたフランス近代絵画、梅原龍三郎、中川一政、林武ら日本近代絵画、尾道を代表する小林和作、絵のまち尾道四季展招待作家作品など、国内外の洋画を中心とした約200点。
音楽鑑賞の場として、所蔵のチェンバロを中心としたバロックコンサートを定期的に開催するほか、ジャズやクラシックなど様々なジャンルの演奏家によるディナー付きコンサートも企画・開催しています。併設するフレンチレストラン「ロセアン」では、ランチ・ティータイムはもちろん、美術館閉館後もゆったりとした空間でライトアップされた庭園を眺めながらの本格的なディナーが楽しめます。

ページ先頭へ戻る

 
サイトマップ  →著作権

〒722-0012 広島県尾道市潮見町6番11号
TEL. 0848-20-1218

「なかた美術館」は、(株)ナカタ・マックコーポレーションにより運営されています
ナカタ・マックコーポレーション
 
copyright
広島県尾道市(しまなみ)の美術館/ポール・アイズピリ、ピエール・クリスタン、ピカソ、ルオー、小林和作、梅原龍三郎、中川一政、林武などを所蔵。チェンバロによるコンサートやフレンチレストランでの食事も出来ます。