広島県尾道市(しまなみ)の美術館/ポール・アイズピリ、ピカソ、ルオー、小林和作、梅原龍三郎、中川一政、林武などを所蔵。チェンバロによるコンサートやフレンチレストランでの食事も楽しめます。

 
なかた美術館
トップページ ≫ スタッフのブログ

コレクションプラス『絵画のなかの風景』が始まりました

更新日:2020年10月20日(火) 【展覧会】

 

10/10(土)からコレクションプラス『絵画のなかの風景』が始まっています。

絵画、写真、映像の作品を交えて、さまざまな風景の表現をご紹介する展示です。



19世紀フランスで風景画をジャンルとして確立したカミーユ・コローをはじめ、

パリの町並みを詩情豊かに描いたモーリス・ユトリロ、水辺を描いたアルベール・マルケなど

画家たちにとって風景は、もっとも自己を投影できるモチーフのひとつでした。

 


今回は尾道のなかでも特に、向島を描いたものや、向島から見て描かれた尾道の風景画を展示しています。

向島は古くは「歌島」と呼ばれており、近代にかけて塩作りなどで栄えました。

尾道の市史編纂室さんからご提供いただいた古写真とともに展示しています。

風景の奥に積み重なった歴史を感じていただければ幸いです。

 

 

 

また尾道在住の現代美術作家である村上友重さんと、安田彰さんにも出品いただいています。

いずれも風景画発祥の地であるオランダにて滞在制作されたものです。


オランダは低地にあり、干拓によって国土を広げ、自ら風景を作り上げてきた国です。

そして緯度も高く、大きく広がる空から降り注ぐ光は、画家や研究者たちを惹きつけてきました。

オランダの光、人と自然の営みによって作られた風景は、今を生きる作家たちの目にどのように映ったのでしょうか。

 

 

 

 

過ぎ去っていく日々のなかで、私達がいる場所や見ているものについて、ゆっくりと向き合える展示になっているのではないかと思います。

 

コレクションプラス『絵画のなかの風景』は2021年2月21日(日)まで。

どうぞ無理なく、お出かけいただければ幸いです。

 


当館では混雑なく、ゆったりとご覧いただける状態が続いています。

ご来館の皆様には感染防止対策にご協力いただいています。

何卒よろしくお願い申し上げます。


 ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ―

 

・発熱や咳など体調不良がある場合は、来館をご遠慮ください。

・ご来館の際はマスクの着用をお願いいたします。

・入館時に手指の消毒をお願いいたします。

・館内では会話を控え、人との距離を保ってご鑑賞ください。

・やむを得ず入館制限を行う場合がございますので、ご了承ください

 

 ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ―


※感染防止対策(換気や屋外での開催、定員の縮小、マスク着用等)を徹底した上で、関連イベントも順次再開しております。

※混雑具合や、ご不明な点など、お気軽にお問い合わせください。

 

 

 

親子ワークショップ「すてきな仮面づくり」

更新日:2020年9月21日(月) 【nakata Labs  なかたラボ】

あの暑さはどこへやら、急に秋がやってきましたね。

先日開催した親子ワークショップ「すてきな仮面づくり」の様子をお伝えします。

 

仮面を作るワークショップは近頃は毎年開催していますが

今回は「仮面」と表記して「マスク」と呼んでもらいました。

ここ半年でマスクは随分と身近なものになり、日常的に着けている方も多いのではないでしょうか。

今回のワークショップでは、面白いマスクをつけて非日常を楽しんでもらおうという企画です。

屋外でつけるにはちょっと勇気がいるかな。。。というマスクを身につけると

いつもとは違う自分になれるのではないでしょうか?

 

写真のような半透明のマスクにコラージュをします

レースペーパーやフェルト、カラーテープなどを使って飾り付けました

 

 

丸くカットしたビニールをきゅっと絞ってお花のようにしました。

華やかなマスクになりそうです。

 

 

 

 

 

こちらのマスクは様々な素材を使って木や鳥が描かれています

メッシュの素材を鳥の巣に見立てたり、いろんなアイデアが散りばめられています。

 

 

 

動物のマスクも作りました

こちらは猫のマスクでしょうか。

 

 

こちらはウサギのマスクです。

耳が立体的でおもしろいですね。

 

 

レースペーパーやテープをのびのび貼り付けたマスク。

作るときの楽しさが伝わってきます。

 

 

シンプルなデザインですがパーツの形や色使いにセンスが光ります。

 

 

手作りの花をたくさん飾って、花束のようなマスクになりました!

 

 

 

 

 

親子で猫のマスク!と思いきや、

お母さんのマスクは「オニ」だそうです・・・!

 

 

皆さんのアイデアが光る楽しいマスクが完成しました。

このマスクをつけていると楽しく過ごせそうですね。

 

 

 

 

 

ワークショップ「わくわく!わたしのテント作り」を開催しました

更新日:2020年7月23日(木) 【nakata Labs  なかたラボ】

こんにちは!

先週末に「わくわく!わたしのテント作り」を開催しました。

材料は白色のシート、ブルーシートの素材です。

子どもたちが家の中で秘密基地のように使えるように

透明色紙やビニールシートを使って、家族で飾りつけをしてもらいました。

 

まずは模型を使ってイメージを膨らませます。

窓がついていたり、カラフルな丸がたくさんついていたり

楽しいテントになる予感。

 

 

小さなテントといえども、子どもが数人入れる大きさです。

計画を立てて、作業を分担したり、共同で作業をしたり、

家族のチームワークが必要となります…!

 

 

 

 

 

子どもたちが頑張って取り組んでいた窓作り、

いろんなかたちのものができました。

 

まずは、ある形に切って…

 

 

もうお分かりになりますよね?

 

 

星の形の窓ができました!

 

 

次はどんな窓でしょう?

 

 

カーテンからピンク色の猫が覗いています!

 
 

 

しかもこんなに大きい窓!

 

 

他にも、いろんな顔が描いてあったり、カーテンがついていたり

眺めていて楽しくなるものばかりでした。

 

 

 

 

表面にはマジックで絵を描いたり、折り紙を貼って模様を作ったり、

どこを見ても楽しく、細部までこだわりを感じます。

 

 

 

 

できあがったテントはこちら!

 

 

居心地はどうですか?

 

 

テントの中からは、どんな眺めなのでしょう?

 

  

テントの中にはライトに見立てた飾りもついています。

それぞれいろんな工夫が施されていました!

 

 

テントの中で本を読んだり昼寝をしたりして、

家族みんなで楽しい夏を過ごしてもらいたいと思います。

参加者の皆さん、ありがとうございました! 

 

 

 
前の記事へ≪  3  4  5  6  7  ≫次の記事へ
広島県尾道市(しまなみ)の美術館 コレクションは、フランス現代具象画家ポール・アイズピリ、ピエール・クリスタン、エコール・ド・パリを中心としたフランス近代絵画、梅原龍三郎、中川一政、林武ら日本近代絵画、尾道を代表する小林和作、絵のまち尾道四季展招待作家作品など、国内外の洋画を中心とした約200点。
音楽鑑賞の場として、所蔵のチェンバロを中心としたバロックコンサートを定期的に開催するほか、ジャズやクラシックなど様々なジャンルの演奏家によるディナー付きコンサートも企画・開催しています。併設するフレンチレストラン「ロセアン」では、ランチ・ティータイムはもちろん、美術館閉館後もゆったりとした空間でライトアップされた庭園を眺めながらの本格的なディナーが楽しめます。

ページ先頭へ戻る

 
サイトマップ  →著作権

〒722-0012 広島県尾道市潮見町6番11号
TEL. 0848-20-1218

「なかた美術館」は、(株)ナカタ・マックコーポレーションにより運営されています
ナカタ・マックコーポレーション
 
copyright
広島県尾道市(しまなみ)の美術館/ポール・アイズピリ、ピエール・クリスタン、ピカソ、ルオー、小林和作、梅原龍三郎、中川一政、林武などを所蔵。チェンバロによるコンサートやフレンチレストランでの食事も出来ます。