広島県尾道市(しまなみ)の美術館/ポール・アイズピリ、ピカソ、ルオー、小林和作、梅原龍三郎、中川一政、林武などを所蔵。チェンバロによるコンサートやフレンチレストランでの食事も楽しめます。

 
なかた美術館
トップページ ≫ スタッフのブログ

ワイン講座「新世界のワイン」を開催しました

更新日:2018年10月13日(土) 【nakata Labs  なかたラボ】

 

朝晩が肌寒くなりました、いよいよ秋本番の様ですね。

9月に開催したワイン講座「新世界のワイン」の様子をお伝えいたします。

 

 

なかた美術館に併設のフレンチレストラン、ロセアンのソムリエが講師となり

テイスティングをしながらワインについて学んで頂くレクチャーの第2弾です。

 

 

このレクチャーの楽しみと言ったら、

色んな種類のワインのテイスティング(みなさんほろ酔いになりまます)と、

ロセアン特製オードブル!

ローストビーフ、アナゴのフリット、魚介のマリネなど、どれもワインにピッタリです。

 

 

講師はソムリエの高原さん。

レストランでは気さくな接客でお客様を楽しませています。

 

 

第1回はフランスのワインがテーマでしたが

今回は世界に目を向けて「新世界のワイン」をテーマにしました。

「新世界」というのは大航海時代に発見され、

植民地などの歴史を経てワイン造りが始まった国のことを指します。

今回はアメリカ、オーストラリア、チリ、日本の4か国のワインをテイスティングしました。

 

 

どんな香りか、酸味や甘みはどんなバランスか、テイスティングをしながら確かめます。

同じ葡萄の品種からできたワインでも、国によって味や香りにかなり違いがありました。

 

こんな風にチャートにチェックを入れていきました。

 

 

ワインの色にも違いがありました。

基本的に、気温の高い場所は白ワインは色が濃くなり、気温の低い場所は薄くなるそうです。

 

 

味覚や嗜好は人それぞれなので、今回の講座では、味覚を分析して、

どんなワインが自分の好みなのか探してもらいました。

 

 

高原さんには、新世界ワインの製造方法の特徴や、ワインが広まった歴史などを教えていただきました。

 

新世界の国ごとに違いを楽しんだ後は、温度変化による味の違いも確かめました。

 

赤ワインもワインクーラーでしっかり冷やしてからテイスティングしました。

本来、冷やすことはタブーとされる赤ワインですが、

ブドウ品種や気候によっては、冷たくするのも楽しむ方法の一つと新発見でした。

 

 

全部でハーフボトル以上のワインをテイスティングしたのですが、

中には、提供してすぐにグラスが空っぽになる方もいらっしゃいました。

会が終わるころにはみなさんほろ酔いで、お隣同士でワイン談義に花を咲かせていました。

すばらしきお酒の力です!

 

参加者の皆さん、高原さん、ありがとうございました!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コレクションプラス『描かれた人々』

更新日:2018年10月9日(火) 【展覧会】

こんにちは。すっかり季節は秋になりましたね。

10/6からコレクションプラス『描かれた人々』と同時開催『塩川睇 - 尾道を描く-』が始まっています。

 

 

この度は、絵画のなかの“人”に焦点を当てて、さまざまな時代や国、素材、技法の多彩な作品をご紹介しています。

 

 

皆さんがよくご存知のルノワールやシャガール、ピカソ、セザンヌといった近代フランスの巨匠から、ジュール・パスキン、キール・ヴァン・ドンゲンといったエコール・ド・パリの画家たち、尾道にゆかりの洋画家や、大正・昭和期に活躍した美人画家まで、16名の作家による35点の作品を展示しています。

 

 

藤田嗣治は、初期作品と晩年の作品にあわせ、貴重な素描や写生帳、草稿、メゾン・アトリエ・フジタの再現パネルなども展示しています。

 

 

画家たちが生きた時代や文化、そこで出会った人々を想像しながら、ひとつひとつの作品の声に耳を傾けていただければ幸いです。

 

 

同時開催の『塩川睇 - 尾道を描く - 』では、長野県出身で尾道に暮らした画家・塩川睇劼糧道と瀬戸内の風景画を一堂にご紹介しています。

 

 

尾道市立大学の設立以来教鞭をとりながら、風景のなかの光や水の表情を、確かなまなざしでとらえて描き出しました。

この度は、代表作と言えるような大作から、これまであまり展示の機会がなかった小品まで、19点の作品をご紹介しています。

 


 

コレクションプラス『描かれた人々』

同時開催『塩川睇 -尾道を描く-』

2018年10月6日(土)〜2019年2月19日(日)
開館時間:9:00 - 17:30(入館は30分前まで)
休館日:月曜日(祝日の場合は翌日)、年末年始(12/30〜1/7) 



 

また、市内のMOU尾道市立大学美術館、サテライトスタジオでも、塩川睇凖犬開催されます。

 「浮游 −塩川睇凖−」 

2018年 10月20日(土)〜 12月9日(日)

会場 MOU尾道市立大学美術館・尾道市立大学サテライトスタジオ
開館時間 10:00 - 18:00
休館日 水・木曜日 
入場無料

 

こちらは初期作品なども含め、風景画以外のシリーズも展示されるとのこと。

会期・休館日など異なりますが、ぜひこの機会に各会場をあわせて回ってみてください。

 




 

 

 

 

 

 

 

 

職場体験をしています

更新日:2018年8月31日(金) 【日常など】

こんにちは。

今週は市内の中学校から2名の生徒さんが職場体験に来てくれました。

仕事内容は、掃除や受付対応、チラシ・ポスター類の整理、作品のリサーチなど。

 

 

 

 

リサーチの内容をもとにブログを書いてもらったので、以下にご紹介します。

 


 

はじめまして、私は8月28日から8月31日までの四日間、このなかた美術館で職場体験をさせていただいています。

職場体験の四日間で館内の作品を見せていただいたり、受付などの体験をすることができ、とても楽しかったです。

この職場体験で見てまわったさまざまな作品のなかで、私はボー・ジー・ヤンの門番(gate keeper)という作品がとてもきになりました。

 

 

この作品には命を絶たれたペンギンと銃を手にし笑顔を向ける人間の姿が描かれています。

2014年、同性愛が法律で禁じられているシンガポールで雄同士で子育てをしていたペンギンの実話が元にされた絵本が

匿名の抗議がきっかけで図書館から撤去されるという出来事が起こりました。この作品はその出来事が元になっているそうです。

この作品には全体的に暗くくすんだ色が使われているように見えます。また、絵の具がまるで血のように下に向かって垂れていることで不気味さが感じられます。

 

 

作品に描かれている人間の目元は仮面のようなもので覆われており、匿名の抗議との繋がりを感じます。

私はこの作品を見て、絵は見て楽しんでもらうものや絵を通してさまざまなことを知ってほしいというものなど、いくつかの種類にわかれているのではないかと思いました。

この職場体験を通して、美術館でのマナーや仕事内容などたくさんのことを学ぶことができました。四日間ありがとうございました。

 


 

初めまして、8月28日から8月31日まで職場体験をさせてもらっています。

この美術館で展示されている中で一番気に入ったのは小野環の【Territory】という作品です。

                           


 

 

私がこの絵を見て思ったのは、空間に何かの模様を描いているようだということです。

もう一つ気付いたことがあります。それは、使われている色が緑系の色を作るのに必要な色という事です。

他に気に入ったのはカミーユ・コローの【雌牛のいる風景】です。







私がこの作品を見て思ったのは、中世ヨーロッパの村の近くの川で水を汲んでいるようだということです。

絵の中の奥の方にある建造物は村なのでしょうか、何の建造物か気になるところです。

 


 

細かいところまで作品を観察して、気づきを書いてくれました。

緊張したり、大変なこともあったかと思いますが、しっかり取り組んでくれました。

おつかれさまでした & ありがとうございました!

 

 

 

 

 

 

 
前の記事へ≪  3  4  5  6  7  ≫次の記事へ
広島県尾道市(しまなみ)の美術館 コレクションは、フランス現代具象画家ポール・アイズピリ、ピエール・クリスタン、エコール・ド・パリを中心としたフランス近代絵画、梅原龍三郎、中川一政、林武ら日本近代絵画、尾道を代表する小林和作、絵のまち尾道四季展招待作家作品など、国内外の洋画を中心とした約200点。
音楽鑑賞の場として、所蔵のチェンバロを中心としたバロックコンサートを定期的に開催するほか、ジャズやクラシックなど様々なジャンルの演奏家によるディナー付きコンサートも企画・開催しています。併設するフレンチレストラン「ロセアン」では、ランチ・ティータイムはもちろん、美術館閉館後もゆったりとした空間でライトアップされた庭園を眺めながらの本格的なディナーが楽しめます。

ページ先頭へ戻る

 
サイトマップ  →著作権

〒722-0012 広島県尾道市潮見町6番11号
TEL. 0848-20-1218

「なかた美術館」は、(株)ナカタ・マックコーポレーションにより運営されています
ナカタ・マックコーポレーション
 
copyright
広島県尾道市(しまなみ)の美術館/ポール・アイズピリ、ピエール・クリスタン、ピカソ、ルオー、小林和作、梅原龍三郎、中川一政、林武などを所蔵。チェンバロによるコンサートやフレンチレストランでの食事も出来ます。